白髪を染めることについて一言

いまは自宅で簡単に染められる白髪染めも多く販売されています。

しかし自分の納得のいくような色に染めることは意外と難しいのです。

染めたい色が黒だったとしても黒にならず少し緑が混ざったようになることもあります。

たとえ黒色に染まったとしてもムラがあったら目立ってしまいますし、黒にも薄い色、濃い色がありますので周りの髪と色が異なってしまうのも恥ずかしい気持ちになります。

そのような経験がある人も少なくはないので髪を染めるということが簡単には行えないのがよくわかりますし皆慎重になっています。

販売者に問い合わせたところで責任をとってくれるはずもありません。

白髪染めがうまく黒色に染まらないのは使用している成分だったり染め方だったりと理由があります。

詳しく説明している記事がありますのでご紹介します。

http://レフィーネ染まらない.jp/

また、髪を染める時は自分で染めるよりは誰かにやってもらったほうが上手く染まるように感じます。

それでも髪を染めることで失敗するのが怖いという人はヘアマニキュアで髪を黒く塗るという方法があります。

ヘアマニキュアは髪の毛の表面に色を塗るということです。

染めるのと違い髪の毛の傷みとても少なくすみますし、塗って納得のいかない色になってしまったら洗い流せばよいです。

髪を染めるよりは面倒に感じますが、失敗という意味で考えるならこちらのほうが安心な感じはします。

お風呂に入ることで癒される

生きている限りは必ずなくなることはないというのがストレスです。

ストレスにより髪の毛は傷み抜けて、さらには白くなることさえあります。

ですから、そのストレスを上手く外に出しましょう。

そこでストレスの解消の手助けをしてくれるのがお風呂です。

毎日何気なくお風呂に入っている人も多いですがお風呂は1日の疲れをとり思いっきりストレスを発散してくれているのです。

ですので、さらに工夫をすることでリラックス効果をあげましょう。

癒しの香りの入浴剤を湯船に入れてゆっくりと湯船につかり体を温めるのがよいです。

湯船につかりながらテレビを観ている人もいるくらいですから。

1番驚いたのがお風呂で本を読んでいる人もいるということです。

周りの人から見ればお風呂から出てから読めばいいと思うという声も聞こえてきそうですが、お風呂という空間が落ちつく場所なんだと思います。

夏でも冬でもそうですが基本はぬるま湯に長くつかり疲れをとるということです。

お風呂タイムを楽しみストレス発散です。

これらから考えると男性より女性のほうがお風呂に入っている時間が長いというのは納得できるような気がします。